lightbox

2017年1月22日日曜日

潜伏ロイヤル二日目

 昨日から始めた潜伏ロイヤル。ブログ更新後に5連敗して糞デッキだなって思ったら5連勝して負けを取り戻し本当に扱いの難しいデッキだと再認識。

常に相手の手札を読んで、処理されそうなら潜伏解除して相手リーダーを殴るべし!潜伏したまま、なにもせずにやられることもあるし負けるときは本当にださいデッキ。



潜伏ロイヤルの戦績

本日の戦績分とこれまでの戦績まとめ

連敗するか連勝できるか、マリガンにかかってる気がするわ

33戦ほどで勝率51%は微妙。適当にフォロワー並べるだけじゃ勝てないからね。

潜伏ロイヤルの動きを振り返る

昨日書いた動きのまとめを思い出しつつ潜伏ロイヤルをおさらい。

 vs 超越ウィッチ


1Tの最前線、2Tのクノイチエッグ、3Tに盗賊の極意、4Tにニンジャエッグとクノイチエッグ、そして虹の輝きでもどされた最前線を再び場に出して終了。

完璧なムーブで、超越ウィッチならそこでリタイアかなって思ったら相手リタイアしたので超越ウィッチでしょう。最近はファイアーチェイン入れてない人が多いので潜伏有利。


 vs 秘術ウィッチ



6T目は、破砕や禁忌さんで潜伏してようが処理されてしまうターンなので、5T目はかならず解除して殴ってしまえ!今回は暗殺者で再潜伏することができ有利な展開。

6T目、相手は禁忌でこちらの暗殺者を処理。土の印を使って、クノイチエッグかニンジャエッグをランダムでどちらか処理するのだが、クノイチエッグが生き残ればアルベールと合わせてリーサルが見える状況で勝負に勝った!

もし、ニンジャエッグのほうが生き残った場合は進化させて5点旋風するぐらいしかなかったね。


vs ドロシーウィッチ

ドロシー相手なら潜伏フォロワーと旋風刃をセットで握っておきたい。

相手クラークを暗殺者進化で処理。
このターンでゲイザーを倒すことはできないが、次のターンでは強化されたニンジャエッグ進化からの旋風刃という方法があるため、暗殺者で横にいたクラークを処理。暗殺者を出す前にニンジャエッグ(左)で3点相手リーダーを削ることを忘れない。


進化ゲイザーを生かすためにドロシー進化で暗殺者を倒してきました。はい、ニンジャエッグ進化+旋風刃をお見舞いしましょう。右のニンジャエッグは死んじゃうので、このターン先に相手リーダーを殴ることを忘れない!

伝家の宝刀、潜伏旋風や~♪
1PPあまったので、さらにニンジャエッグを場に召喚。追い打ちをかける!


そしたら、相手は手札全部つかってきました。ロイヤルにはオーレリアっていう素晴らしい守護がいるというのにね。

ここは少し長考。相手は手札を使い切った(ただし、ドロシーを引いてくる可能性がある)。

1.相手のフォロワーの数を利用してオーレリアを出す。<簡単に突破できない>
2.2枚目の旋風刃で完全に処理してしまう。

ドロシーを再度、引いてくる最悪なケースを考慮して、今回はオーレリアを場に出すことにした。PPが余ったからといって歴戦のランサーを出してはいけない。理由は「ルーンの貫き」で簡単に処理されるうえにダメージを受けて負ける可能性があるため。


ドロシーは引かなかったが、鋼の魔術師を引いてきた。ちょっとヒヤッとした場面。レヴィさんはオーレリア処理するために使ってくれたので相手の体力は2以下と右のニンジャエッグを利用しての旋風刃で処理できる。ここで焦って、左のニンジャエッグを使わないように気を付けよう。


こちらは疾走フォロワーを待ってたが結局来なかったので、潜伏解除して2体とも相手リーダーを殴ります。今回は、歴戦のランサーをだしてニンジャエッグたちを守る。


相手はドロシー引けず、エンジェルスナイプ1枚でターン終了。振り返ると、わりと運がよく勝てた感じ。


vs アグロロイヤル(フェイスロイヤル)

1T目に置いた最前線がいい仕事してくれました。2T目に置いたメイドリーダー2/1になって相手のフォロワー処理できるようになったし、6T目に生き乗ったパイレーツさんが3/3になって3点旋風で相手が並べたフォロワーを全処理できた。

アルベール進化で大逆転もあるから無理に進化せず疾走フォロワーで処理。

フェンサーで強化したところで3点旋風で処理可能

旋風刃後、余ったPPで歴戦のランサー(守護)を並べた。
9Tアルベールに備えて、一振りでフォロワー処理&オーレリア配置がうまくいった。1体は生き残ることが確定


諦めずにやれば、アルベール進化で大逆転もある。潜伏ロイヤルだけど潜伏にこだわらなくても勝てる!バハムート降臨以降に実装された旋風刃とアルベールは強いな。潜伏ロイヤルじゃなかったらもっと強いんだろうな…。



2017年1月21日土曜日

潜伏ロイヤルをはじめた

 旋風刃を活用してドロシー討伐を目指して潜伏ロイヤルを組んでみた。

実際は、盗賊の極意を置いてるうちにフォロワーを展開されて殴り倒されたりとドロシーにやられる結果となったが、エルフ相手には潜伏解除からの再潜伏など変則的な攻撃を繰り出し翻弄することで相手のリーサル計算を狂わして連勝することができた。

なんとなく潜伏ロイヤルがわかってきたのでログで記録つけつつ、ランクマ潜って見ようと思います。

ランクマで連勝!ネタデッキとは言わせない!!


エルフ連戦に対して連勝と好感触

よく見たらウィッチとエルフしかいない。漏らさずログ記入してこれ。

 寝る前OTKドラゴンに1勝した後、今日はログで戦績を付け見た結果、好成績。結局、ドロシーに連敗してしまいました。

ドロシー戦、相手も警戒してる旋風刃を潜伏から繰り出せるかどうか。旋風刃をマリガンでキープしたところで潜伏フォロワーを場に出せないと意味がないし難しいですね。


構築デッキ

序盤に潜伏フォロワー展開、盗賊の極意で強化して育成できれば勝ちが見えてくる。中盤、闇を纏う暗殺者で潜伏を出し入れして相手リーダーの体力を削ることができれば、アルベールやアルビダの疾走フォロワーと共にリーサルを迎えるだけ。

苦手な相手はアグロヴァンプとかアグロデッキ。がんがん攻められるとどうしようもない。旋風刃使えるタイミングでは相手のリーサルが見えてることが多い。勝つ時はテクニカルな感じでカッコイイけど、負けるときは「何やってんですか?」と笑われてそうなぐらいにかっこ悪い負け方をする、そんなデッキ。

守護フォロワー少ない分スペルで守るしかないのが弱点

最前線

…ピン挿し。この1枚が意外といい仕事することがある。潜伏にこだわらず+1強化してくれるので相手も場に出たフォロワーを無視できなくなる。もちろん、盗賊の極意とも併用して使える。


ウリエル

…1枚。2枚で運用していたが、盗賊の極意にこだわるとアグロデッキを相手にしたとき簡単に倒されるので保険の意味で1枚。最前線を引いてくることもあるけれど、使いやすいので結果オーライの時もある。サーチカードなのでデッキ圧縮としても良し。


ニンジャアーツ

…3コスで4点ダメージと優秀。9ターン目のアルベールに備えてニンジャマスターを場に出すという使い方もある。もちろん、ニンジャマスターでリーサルを狙える。


闇を纏う暗殺者

…盗賊の極意より一番重要なカード。潜伏解除からの再潜伏って相手からすると相当なストレス。



潜伏ロイヤルの基本(メモ書き)

 文字で説明するのが苦手なので画像をクリック。
知っておきたい潜伏ロイヤルならではの動き。




実践での流れ(ランクマ)スクリーンショット




上で紹介した潜伏旋風刃の流れ。ニンジャエッグで相手リーダーを削ったら、闇を纏う暗殺者で再び潜伏。そしたら、相手はゲイザーを場に出して進化で暗殺者を処理したものの体力が3になりました。旋風刃のチャンスです!

次のターン、相手はドロシーを場に出すも他に出せるフォロワーいませんでした。こちらはツバキを出して簡単に処理でき3体の潜伏フォロワーを強化。そのままリーサル圏内になり相手はリタイヤ。




相手が秘術なら6ターン目の破砕に備えて、潜伏解除で顔殴るのもあり生き残れそうな子は継続もあり。禁忌の魔術師とか秘術ウィッチは苦手なカードが多いので注意が必要。

潜伏されると相手は手札の運用に困るのが、思考中の長さでわかる。超越とはまた違った相手フォロワーを処理して手札が回るタイプですよね。


盗賊の極意を引けはしなかったが、暗殺者で潜伏出し入れなどでチクチク削り。

相手のフォロワーに対しては、スペルカードでしっかり処理することでき迎えた8ターン目ニンジャアーツからのニンジャマスター!そして相手は3枚目のリノアタックも1点届かず終了。

9ターン目はね、旋風刃とニンジャアーツがあるのでエンシェントエルフを処理できてしまうんですね。しかし、手札がスペルカードだらけだったので勝てたのは運がよかった。


相手、1枚目と2枚目のリノ使い方が甘かった。こちらの潜伏フォロワーに困惑してフォロワー並べてリノも出してと…旋風刃の餌食でした。流行ってない見慣れないデッキを相手にするとプレイミスを誘えるわけです。



1ターン目をパスすることにはなるが、2T~4Tに対しては理想的な動きができる。5Tは潜伏で育成中のこちらに対して、相手は物量で攻めようと並べてくることが多いのでオーレリアが刺さる。


2017年1月18日水曜日

アグロウィッチ→アグロドロシー

 進化権を使えるようになる前にフォロワー展開して可能な限り削った後は、レヴィ進化からのスペルの直接ダメージで倒すことを目指したアグロウィッチ




ミニゴブでレヴィを確定サーチしたいところだが、2コスのフォロワーも数枚入れておかないと思ったほど展開できずに負けることがあるので知恵の光を抜いてサミーを採用。相手に手札を与えても、こちらが手札回せれば勝てるはず。ペンギンもいいがドロー優先でスペルを揃えたい考え。

ドロシーはドローソース目的、鋼の魔術師とエミルを並べることに使えるからクラークさんは2枚ほど採用。1枚で複数のカードを下げれるのが強み。

こんな感じで序盤展開したフォロワーで殴れるだけ殴って、あとはスペル中心で削っていくスタイル。苦手な相手は回復カードを複数枚いれたデッキですね。


戦績


 35戦ぐらいなので参考までに、今のところは勝率60%で順調。対超越ウィッチは手札が悪く無い限り負けないのと対ドロシーは微妙。たぶん、勝たせてくれる相手がゴブリンやサミーを見てびっくりしてミスプレイしてるんだろうなと思う。ドロシーデッキに展開されちゃうとスペルカードが揃うか運ゲー。

対ドラゴンもサハクィエルとルシフェルの組み合わせとか、回復系ガン積みなのは押し切れず負け濃厚。意外とアグロヴァンパイアは有利に戦えた。エルフやロイヤルを相手にするときはエンバレをお守りに持っておきたいとも思った。



今日のMP



0から数日で取り戻せた。早いデッキに切り替えたからランクマも遊びやすくなった。エルフは白狼白銀よりの動きになってしまって展開負けが続くようになって、リプレイ観たりして反省中。本当に自分はへたくそだなと思う。

とりあえず、毎月2700程で終わってるから今月も3000ぐらいを目標に遊ぼう。

人気の投稿(週間)